祝!樋口さん 第145回(29-2/26)日商簿記3級 合格体験記

  • 2017.05.16 Tuesday
  • 07:03

お名前 樋口さん

受験級  3級

合格回  第145回

受験回数 1回

全国合格率  47.4%

 

〇受験動機

 勤務先の会社で月1回、貸借対照表と損益計算書を読み上げる係になったためです。まったく簿記知識もなく、内容を質問されてもわからないことばかりで、49歳、一念発起しました。

 

〇勉強方法

 仕事が終わった後、週2回、平日夜間コース3級入門講座を受けました。宿題として指示される基礎問題集とトレーニング問題集は、次の講座までになんとか終わらせました。主に昼休みや、仕事が休みの土日に行い、すぐに忘れてしまうので、できる限り2回ずつ解きました。

 試験日まで1カ月を切った時期は、講座で配布された10の模擬試験問題(本試験と同じ5問、制限時間2時間)と過去問に集中しました。この時期も毎日勉強はできず、土日が中心でしたが、本試験のつもりで時間も計りました。また1日に3つの模擬試験問題を行った日曜日もありました。

 

〇受験期間中の決意

 友達や仲の良い同僚、取引先の人たちに「簿記3級勉強しています。2月に受験します」と宣言して、大げさに言えば退路を断ちました。そうでもしないと途中でドロップアウトしかねないと思いました。

 

〇試験本番実況

 まず5問すべて、どのような内容なのか確認しました。幸い、比較的オーソドックスな問題が多かったので、先生に言われたように「1、2、4、5、3」の順で解きました。しかし、かなり緊張しました。学生以来のテストでしたし、無駄に歳ばかりを重ねていたようです…。見直しの段階で、運よく精算表の記入欄を一段間違えて書いていたことがわかりすぐに直しましたが、一方で、正解だった答えを書き直してしまった箇所もありました。

 

〇反省点

「なんとか合格しなければ…」と焦るプレッシャーが、試験当日の緊張につながってしまいました。住吉先生が言うように「簿記はスポーツ」ですね。メンタル面、鍛え直します。

 

〇これから受験される方へのアドバイス

 私事ですが、子供の受験も終わって数年が経ち、まさか今度は私自身が受験生になるとは、想像もしなかったことです。教室には、私と同じように仕事帰りに来られている同年代の男性の方もかなりいらっしゃって、とても刺激を受けました。私が飲み会などの誘惑に負けず、休まず講座に通えたのは、クラスメイトの皆さんの存在があったからです。

 

〇フリーコメント(どんな内容でもOKです)

 住吉先生、自分の受けないギャグを受講生のせいにして代わりに謝らせるのはおやめください。

 

=========================
樋口さん、貴重な体験記ありがとうございます。

 

昔TV局で、テリー伊藤は風が吹いたら「気合で止めろ」「おえらの気合が足りないから雨が降る」とか言っていたらしいです。

私のギャグが受けない、悪いのは樋口さんなのです。

樋口さんだからこそ私は試練を課すのです。

 

合格おめでとうございます。心よりお祝い申しあげます。住吉
=========================

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM