祝!カズヤ@25番さん 第145回(29-2/26)日商簿記2級 合格体験記

  • 2017.05.16 Tuesday
  • 06:37

お名前 カズヤ@25番

受験級  2級

合格回  第145回

受験回数 1回

全国合格率  25.0%


ー験動機
経理や総務といった事務系の仕事の転職を希望していたのですが、日商簿記2級を取得していないことが原因で
興味のある求人に応募したくても応募できないことが多々あり、何としてでもこの状況を打破しようと強く思ったことが
日商簿記2級受験のキッカケです。
こうして「日商簿記2級」および「受験番号25番」との長期にわたる壮絶な戦いが幕を開けた訳です。。。


∧拔方法
毎週行われる講義には必ず参加して、住吉先生から出された宿題を土日休みの日にできる限り着手するようにしました。
試験1ヶ月前からは今まで勉強してきたところで理解が不足していると感じた箇所の復習を行い、試験2週間前からは模擬試験で
出来なかった箇所の復習も併せて行いました。

『これだけ勉強したんだから、絶対受かるはず!!
住吉先生から自分の受験番号(25番)を一部の生徒さんに公表されちゃったし、絶対に落ちるわけにはいかない!!!』
※ちなみに、受験番号の公表は住吉先生が私に程よいプレッシャーを与えるために、住吉先生のご好意で行われたものです。
決して嫌がらせで行われたわけではないので、ご注意ください。

そのような気持ちで望んだ第144回の試験結果は・・・、不合格!!!!
落ち込みました。。。『あんなに勉強したのになんでダメだったんだ!!!』と悔しい気持ちでいっぱいになりました。
その日の夜はなかなか寝付けなかったのを今でも覚えています。。。

その後、自分が合格できなかった原因を探るために、住吉先生とその事に関して話し合いました。
その話し合いの中で以下3点の原因が浮上しました。

・日商簿記3級の知識が不足しているのではないか?
・工業簿記の根本的な理解が不足しているのではないか?
・インプットした知識を試験回答時に出すための力(以下、アウトプット力)が不足しているのではないか?

そこで、日商簿記2級の復習を行う前に、もう一度日商簿記3級のテキストに戻って復習をしました。
日商簿記3級の復習をしていくうちに、自分では理解していたつもりの箇所が実はちゃんと理解していなかったことに
気付きました。。『日商簿記3級の知識を疎かにすると、日商簿記2級の学習に悪影響を及ぼすんだな・・・』と痛感しました。。。

日商簿記3級のテキストを一通り復習した後は、毎週日曜日に山梨簿記学院で行われる模試会に参加し続けました。
本番と同じ時間帯(13:30〜15:30)に模擬試験を行い、試験終了後は間違った箇所の復習および知識のインプットを次の模試会までに
終わらせるようにしました。
わかりやすく説明すると、以下のような感じです。

1.模試会に参加し、模擬試験を受ける。
2.答え合わせをし、間違った箇所を洗い出す。
3.2で洗い出した箇所を模擬試験の解答・解説を基に復習する。工業簿記に関しては、もう一度解きなおす。
4.2で洗い出した箇所に関する知識のインプットを講義で使用したテキストを基に行う。
5.3と4を次の模試会までに終わらせ、1に戻る。

こうすることで、工業簿記の根本的な理解力の強化とアウトプット力の強化に努めました。


受験期間中の決意
これに関しては、この一言に尽きます。
『やるしかないっす!!!!』


せ邯核榿崋其
これに関しては詳しく知りたい方が多いと思うので、できる限りリアリティを追求して書きました。
是非カズヤ@25番になったつもりで読んでみてください。

試験会場(山梨英和大学)に到着。
自分の受験番号(今回も25番・・・)の席を確認し、席に着く。
試験開始時間が近づいてくるに連れ、だんだんと緊張が増してくる。。。
だけど、今日の試験のためにいっしょに頑張ってきた仲間達と会うと、
不思議と緊張が和らいでいった。
特に、住吉先生と会ったときは試験会場が山梨簿記学院なんじゃないかと思ったほど。。。

『時間になりましたので、初めてください。』

試験官のこの言葉で「日商簿記2級」および「受験番号25番」との2時間に渡る戦いが幕を開けた。
※ちなみに私以外の方は受験番号と戦う必要はございませんので、ご安心ください(笑)

今回の試験を受けるにあたり、事前に以下のような戦略を立てていた。
1.第1問(仕訳問題)は15分以内に最低でも3問は解く。
15分以内に解けなかった問題は後回しにする。
2.1が終わったら、第4・5問(工業簿記)を35〜40分以内に全て解く。
3.1と2が終わったら、5〜10分以内にまだ解いていない仕訳問題を解く。
余力があれば、この時点で第1・4・5問の見直しを行う
4.残り時間が約1時間になっているはずなので、残りの第2・3問(商業簿記)を解く。
難易度が高そうだと判断したら、全問回答は諦めて部分点を取りにいく。
5.残り時間が5分を切ったら、回答を止め、第2・3問の見直しを行う。

最初に第1問を解く。
15分以内に4問解けたので、まずまずの滑り出し。

次に第4問を解く。
易しい問題だったので、当初の予定よりも短時間で回答することができた。

『よし!!この調子で第5問もサクサク回答するぞ!!(*^^*)』

その時はそう思えた。
しかし、第5問の問題文を読んだ後、ビートたけし風に心の中でこう叫んだ。

『第5問!この野郎!!』

明らかに難易度が高い問題だということに気付いた。
一瞬頭が真っ白になったが、深呼吸を1回して心を落ち着かせた後、問題を解き始めた。

問題を解き始めてから約10分後、あることに気が付いた。

『この問題、摸試会で解いた問題とけっこう類似してるんじゃないか!?』

そのように思えた途端、難易度が高いと思った問題が嘘のように易しく思え、おもしろいように
回答欄が埋まっていった。

第5問を解き終えた後、まだ解いていない仕訳問題を解いた。
仕訳問題を解き終えた段階で試験開始から約1時間が経過していた。
すぐにでも第2・3問を解きたかったが、深呼吸を1回して心を落ち着かせた後、第1・4・5問の
見直しを行った。

見直しが終わった後、まず第3問を解いた。
問題を解き始めてから約5分後、住吉先生のこの名言が頭の中を支配していた。

『泥沼に〜 はまる前に〜 捨てる〜』
※語尾は必ず伸ばすようにしてください。伸ばさないと住吉先生から注意されます(笑)

第3問は難易度が高く、このまま回答を続ければ泥沼にはまりそうだと思ったので、思い切って捨てた。

そして第2問を解いてみた。
問題を解き始めてから約5分後、あることに気が付いた。

『もしかしたら、第2問の方が第3問より易しいかもしれない!!』

第2問を解き終えた後、残り時間が30分を切ろうとしていた。

そこで第3問は全問回答を諦め、部分点を取りにいくことにした。
解くのに時間が掛かりそうな問題は捨て、短時間で解けそうな問題のみを解いた。
気が付けば残り時間が5分を切ろうとしていた。
この段階で回答を止め、第2・3問の見直しを行った。
見直しが終わった後、まだ時間があったので第3問の回答欄で空欄になっている箇所を
埋めた。間違っててもいいからとりあえず埋めた。

『時間になりましたので、回答を止めてください。』

試験官のこの言葉で「日商簿記2級」および「受験番号25番」との2時間に渡る戦いが幕を閉じた。

『やるだけのことはやった!!これで結果が不合格でも悔いはない!!!』

試験終了直後、そのように思ったと同時に解放感と達成感が体中を駆け巡った。


ト疹陛
『やるしかないっす!!!!』の精神で勉強や試験に取り組んだので、特に反省することはないです。
強いて言えば、この合格体験記の文章が長いことです(特にい 笑)


Δ海譴ら受験される方へのアドバイス
知識のインプットを最低限行ったら、すぐに模擬試験を受けてアウトプット力の強化に努めた方が良いと思います。
模擬試験を受ければ受けるほど、アウトプット力だけではなく知識のインプットも強化されていきます。


Д侫蝓璽灰瓮鵐
山梨簿記学院に約8ヵ月通い続け、ようやく念願の日商簿記2級に合格することができました。
しかし、嬉しい反面、毎日のように会っていた住吉先生や今までいっしょに頑張ってきた仲間達と
離ればなれになってしまうことが残念で仕方がありません。。。
(実は私、こう見えてけっこう寂しがり屋なのです・・・)
もし、どこかで私のことを見かけましたら、気軽に声をかけてくださいね!(^o^)
再会できる日を楽しみにしています!!(*^^*)

これからは日商簿記2級で学んだことを活かし、自分の人生の新たな一歩を
力強く踏み出していこうと思います!

 

=========================
カズヤ@25番さん、貴重な体験記ありがとうございます。

 

受験番号を公表し、不合格。

粛々とつぎをめざし再び受験番号を公表。

2回とも25番

モチベーションを問われたときの名言

「やるしかない」はバッチになっています。

いつも講義でネタに反応してくれてありがとうございました。

 

合格おめでとうございます。心よりお祝い申しあげます。住吉
=========================

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM