白川さん 第135回(25-11/17)日商簿記2級 合格

  • 2013.12.11 Wednesday
  • 01:46
名前 白川さん
受験級 2級
全国合格率22.5%
合格回 135回

?受験動機
134回も受験したのですが、この時は落ちてしまいました。
「もう二度と受けるか!」と、その時は思ったのですが、小学3年の息子とうっかり「お母さんも頑張るから!」と約束してしまい、135回を受けることになってしまいました。

?勉強方法
134回のときは職業訓練として、一日9時半から16時まで簿記漬けの日々を過ごしました。この時は、住吉先生の授業のほか、家に帰り数十分の復習がメインでした。
今回は、100日前からやろう!決めTACの過去問を(4回分入っているのでした。)購入し、それを、最初のうちは一日一問丁寧に解くようにしました。
最初は“簿記脳”になっていなくて、簡単な仕訳もできず焦りました。。。
だんだん思い出してきたら、1回分の過去問を時間を計って解き、次の日にその復習をするというやり方をしました。134回のときに使用した模試も同じ要領で使用しました。

?受験期間中の決意
決意というか、息子と約束してしまった以上、何らかの形を残さねば。。。とあせってましたが
眠気に勝てず、何日寝てしまったことか…。

?試験本番実況
前日、娘‘sの七五三でほとんど勉強できなかったのにもかかわらず、着物で一日歩いたせいか風邪をこじらせ、熱まで出る始末。。。
こんな状態で果たして、いい結果など残せるのか…と不安の中会場に向かいました。
1時間ほど早く着いたのでスタバで、苦すぎるコーヒーと風邪薬を飲んで、英和に向かいました。
試験が始まると、前回と違いと見たことあるような問題で少しホッとしました。
しかし、家に帰って回答と照らし合わせてみると、びっくりするようなケアレスミスが多くて、絶対落ちたと思いました。

?反省点
体調管理はしっかりしたほうがいいです。
あと、試験前に七五三やディズニーシーなどの予定は極力立てないほうがいいと思いました。
体力がもちません。。。

?これから受験される方へのアドバイス
あきらめなければ何とかなります!!!

?フリーコメント(どんな内容でもOKです)
大人になってからの勉強は以外と楽しいもので、同じ目標に向かって勉強した友達が増えたことは、合格以上の価値のあるものになりました。

合格したいと努力すれば、何とかなるもんだと今回受験してよかったと思いました。
最下位合格は間違いないのですが、受かってしまえば満点だろうがギリギリだろうが、2級保持者であることは、間違いないので息子にも自慢できました。
これから簿記1級は無理にしても、何かまた違うことに挑戦できたらいいな。。。と思います。

住吉先生の授業はとっても面白くて、毎回笑いをこらえるのが大変でした。インパクトのある授業だったので、覚えられたこともたくさんありました。
「私だって恥ずかしいんです!」と言いながら、振り付で教えてくれた、棚卸減耗損はきっと一生忘れないと思います。楽しい授業をありがとうございました。

=======================
白川さん、貴重な体験記ありがとうございます。

自分で目標を設定して、それに向かって進んでいくのは、とても楽しい事だと思います。
勉強すると、合格以上の価値を得る事は同感です。

「子曰く、学びて時に之を習う、また説ばしからずや。朋遠方より来たる有り、また楽しからずや。人知らずして慍みず、また君子ならずや。(論語)」

孔子先生はおっしゃった。学んで、時々復習する、これは楽しい事である。学んでいると志を同じくする友が遠くからでもやって来てくれる。これもまた楽しい事である。(高い学問の志をもっていれば)世間一般が自分を認めてくれなくても不平不満は抱かない。こういう人は立派である。

合格証書はそのうちお渡し可能になります。是非「額」に入れ、お子様に自慢してください!

合格おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM