合格体験記 第134回 日商簿記2級合格 知桐さん

  • 2013.04.17 Wednesday
  • 18:02
知桐さん
第134回 25年2/26(日)
全国合格率(47.6%)
日商簿記2級合格
受験回数 2回

最初に
私が合格できたのは先生のおかげです。御礼申し上げます。

振り返ってみて気がついた点が何点かあります。

ギリギリ合格だったので、人様にどうこうと言うレベルではありませんが、参考になるなかもしれませんので、気が付いたことを書いておきます。

1「つもり」が一番怖い。
採点をして、復習時に、「わかったつもり」になっていました。

同じ問題を一週間後やっても20点とれたとします。
一週間後にやって出来た=理解 とはならないと思います。

その答えを頭の片隅で覚えているだけだったりします。
時間がかかっても確実に理解する事が大切です。

2「バカ」だと認めました。
まずは声に出して言ってみました。
「私はバカです。」
「私はクズです。」

認めた上で、問題を何回も何回もやって、体に染みこませました。
動物の調教と同じです。
「犬、猫でも何回もやれば覚える。」と、言う気持ちで何回も繰り返しました。

3なんだかんだ言っても仕訳。
簿記は、【仕訳に始まり仕訳に終わる】と聞いたことがあるようなないような・・。

仕訳はほかの問題にも影響します。
最低でも20点の配当なので、全体の1/5です。きっちりやって損はないはずです。
仕訳問題を解くのは、頭の中で出来る。
図を書く必要もあまりないので、ちょっとした空き時間、当日の試験前などでもできます。こまめにやる事が大切です。

4最後まで諦めない。
自信のない問題でも、今まで全く勉強をしてこなかったわけではないわけです。
頭のどこかに、問題文のどこかにヒントがあります。今回の試験、最後の最後で2点拾いました。それが合否につながる場合もあります。

諦めるのはいつでも出来きます。諦めるくらいなら、最初からやらなければいいのではないかと思います。

5とにかく問題集。
問題集は、自分のレベルにあった物を選ぶ。
私は基本が出来ていなかったので、そこからやる事にしました。

基本が出来ていれば、応用も出来ます。まずは基礎固め。

やってやってやりまくる。
このやり○ん!くそビッチ!っていわれるくらいやりましょう。

最後に
合格って素敵やん!



==========================
知桐さん、貴重な体験記ありがとうございます。

独特の世界をお持ちですね。

「合格って素敵やん!」
この台詞、かっこいいです。

合格おめでとうございます。素敵です。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM