合格体験記 第134回 日商簿記2級合格 望月さん

  • 2013.04.17 Wednesday
  • 17:50
望月さん
第134回 24年2/26(日)
全国合格率(47.6%)
日商簿記2級合格
受験回数 1回

?受験動機
年々歳をとって、選択肢が減っていく中で危機感を感じ、選択肢を増やすために受験しようと考えました。(3級をもっていたので短期間で取得できると思い・・・)
また、簿記を学ぶことで見込み違いを減らせ、公私ともに使えると感じていたからです。

?勉強方法
授業をしっかり聞いて、その日の内容はざっくり理解する。最低限ケース問題は理解する。
解けない問題や3回読んでも理解できない内容は、先生へ質問しました。
復習や問題集は受験の1ヶ月前から項目ごとにおこない、間違った問題は付箋を貼って3回ほど解きました。
受験の約3週間前からは答練(2h/回)を解き、その日のうちに間違ったところは理解するようにしました。答練が11回分ありましたので、過去問は解きませんでした。その代り最低2回は答練を解きました。
特に、公式や工業簿記は図を用いてビジュアル的に覚え、記憶を定着させるようにしました。(住吉先生に教えていただいた学習方法の1つです)

?受験期間中の決意
決意と呼べるものはなかったのですが、中盤辺りに周囲からの期待(プレッシャー?)を感じることで、「合格」しなければならないと強く思いました。

?試験本番実況
答練により、商業簿記には自信ありましたので緊張せず試験に臨むことができました。
解き順は、1 → 2 → 4(とばし)→ 5 → 3(一部とばし)→ 4 → 3
問1の仕訳、問2の仕訳日計表(伝票)は問題なくクリア
問4の仕訳(本社工場会計)は想定外のため、とばし
問5の個別原価計算は、図を用いて解きました
問3の本支店会計(損益計算書)は問題ありませんでしたが、「本支店の利益」と「支店の次期繰越額」はわからず、とばしました
問4に戻り、解るところから埋めていき、解らないのはとばしました(2回繰り返しました)
この時点で残り20分、問3のとばしたところを考えましたがわからず、試験終了となりました。

?反省点
3級を取得していたことや、2級の商業簿記が理解し易かったこともあり、前半から中盤にかけて「復習」を殆どしなかったのが反省点です。(2級を侮っていました)
2級は工業簿記がありますので全く別物だという認識を早めにもつべきでした。
工業簿記に苦戦し、答練では合格点に達したのが2回しかなく、終盤になってから焦ってしまいました。

?これから受験される方へのアドバイス
基礎が大事です。基礎をおさえることが最短の近道かもしれません・・・。
ここで申し上げている基礎は「3級の理解度」になります。
これがしっかりしていれば、2級の学習もスムーズに進むと思います。
なんとなくの積み重ねが理解につながり、後半辺りになると確かなものになります。
答練の結果などで数字として表れてきます。
あとは、共に学ぶ方がいるのであれば、コミュニケーションをはかることをお薦めします。知識の共有でプラスになることが多くありました。

?フリーコメント
住吉先生の講義は非常に楽しく記憶に残るものでした。
資格も無事取得でき、感謝しております。ありがとうございました。
また、勉強方法の基礎から応用まで学ぶことができたと感じております。今後、仕事や他の資格を取得する際に活用させていただきます。



==========================
望月さん、貴重な体験記ありがとうございます。

望月さんは、出先の訓練の受講者様でした。
Y田さんと一緒に、高級車に悪戯してスイマセン。

会社を創業されるとのこと。
私が困っていたら、使ってください。

合格おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM