合格体験記 第132回 日商簿記2級合格 佐野さん

  • 2012.12.06 Thursday
  • 01:50
佐野さん

第132回 24年11/18(日)
全国合格率(22.9%)
日商簿記2級合格
受験回数2回

1. 受験動機
仕事で事務兼経理をしておりました。
しかし、決算書や損益計算書の見方がよく解らず、知識がないままでの仕事に不安を感じていました。そんな時に、家の近くに教室があることを知り、山梨簿記学院に通い始めました。

2.勉強方法
前回試験は不合格でした。
試験近くになったら勉強を始めようと思っていたのですが、なかなか手が付かず10月からもう一度授業を受けることにしました。

3.受験機関中の決意
「今度は絶対合格する!」という決意がありました。

4..試験本番実況
解き順は1→4→5→3→5→2です。
問1 仕訳問題はなんとかクリアしました。
問2 今回ノーマークだった問題を見た瞬間焦りました。試用品・積送品を確認しながら仕訳をし、解答記入は自信がなく、とりあえず埋めた状態で終わりました。
問3 先生の予想どうり精算表の出題だったので、ミスはありましたが落ち着いて解けました。
問4 得意の仕訳でしたので大丈夫でした。
問5 直接原価計算・・・なぜか一生懸命Xを使って問題を解こうとして四苦八苦しました。
とばして問3を再開 。Xを使わないで答えが出せることに気づいたのにまさかの計算ミス!再計算しておけばよかったと悔やみました。(慎重さが足りない)

5.反省点
前回の試験ではなんとなく理解したような状態で模試を受け、たまたま合格点に達していました。
それが良くなかったのか、最後の追い込みもほとんどせず軽い気持ちで受け、惜敗、残り1週間の追込みの大切さを実感しました。
今回は、うろ覚えや読み飛ばし、うっかりミスをなくすようにしてきたつもりでしたが、今回もまたやってしまいました。

6.これから受験される方へ
勉強期間中、「簿記は自分には向いていないのかも・・・」と思うこともしばしばありましたが、答えがぴったり合った時の感覚はとても気持ちがいいです!
私の場合、会社での経理の仕事は会計ソフトでのパソコン入力、後は税理士の先生にお任せといった形で、帳簿をつけることがほとんどありませんでした。
しかし、試験には必ず伝票、特殊仕訳帳等出題されますので、きちんと学習することをお勧めします。
過去問も何パターンかこなしておくと見たことがない問題にも慌てないでできると思います。

7.フリーコメント
住吉先生大変お世話になりました。どんな質問にも答えてくれるのでとても心強かったです。
講義中の話は実体験に基づいたお話(笑)のようで楽しませてもらいました。
また、今回、前回一緒に受講された皆さんにも励まされ、無事合格することができました。ありがとうございました。
次は1級に挑戦してみようと思います。どこまでついていけるか不安ですがよろしくお願いします。

==========================
勉強を再開されるのが遅かったので、少々不安もありました。しかし、諦めないで、まず2回目受験に挑戦したこと、1回目のがんばりで、土台があったことが、今回の合格を呼び込んだのだのではないかと思います。

佐野さん合格おめでとうございます。
心よりお祝い申し上げます。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM