第130回日商簿記検定試験

  • 2012.02.26 Sunday
  • 18:56
本日は試験お疲れ様でした。
まずは簡単に振り返りたいと思います。

2級
第一問 仕訳
特別難しい仕訳はありませんでした。ミスをしてもワンミスか最悪でもツーミスでいきたいところです。難易度は普通です。

第二問 伝票順進
簡単でした。できれば満点ほしい所です。

第三問 本支店会計
合算のBS・PL作成問題でした。
金額の推定がありましたが、直前にやっていたので十分できたのではないでしょうか。
推定がある分、少し難易度は高めです。解説会で、すべてあっていた方も多かったです。

第四問 工程別総合原価計算-勘定記入
あまり見慣れない問題でした。
勘定をみて、どういう流れを採用しているのか、全体像がつかめれば、全部取れる問題でした。
しかし、全体像が見えないと、連鎖的にあちこち間違う怖い問題です。

第五問 総合原価計算-単純 一部推定
パズルのような問題でしたが、解説会で出来を聞いたところ、皆様結構できたようです。

総合
特別難しい問題ではありませんでした。2級の難易度はよく3級とリンクします。多分同じ人が作っているのでしょう。

3級
第一問 仕訳
特に難しい問題はありませんでした。

第二問 売掛金の明細
為替手形が少し難しかったくらいです。
得意先・仕入先との関係は、特に指示がなければ、「掛け」です。

第三問 合計残高試算表の作成-二重仕訳あり 
二重をきちっと消せる技術があるなら、難なくできたと思います。

第四問 支払家賃と前払家賃
費用と前払費用に関する基本的な処理でした。

第五問 精算表(順進)
普通の精算表でした。

総合
難しくはなかったですが、特別簡単なわけでもなく、全体の難易度は普通くらいではないでしょうか。解説会での皆様の意見も同様でした。

試験の出来が良かった方は、発表までの間、期待を味わってみてはいかがでしょうか。どのような勝負でも、勝つ喜びは、勝者のみが味わう愉悦です。努力をひたすらつづけ、勝つことが増えていく先には、いろいろな意味でとても素敵な人生がまっています。

試験の出来がいまいちだったかたも、凹む必要はありません。
試験会場に来て、得点を取ることも一つの結果です。
それだけでアクションを起こした偉人です。
ゼロではありません。一歩も二歩も前進しています。
少なくとも私は認めます。(「お前に認められてもなぁ」とか言われそうですが…。)
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM