合格体験記 第129回 日商簿記2級合格 中澤さん

  • 2011.12.20 Tuesday
  • 22:41
中澤さん 
129回(全国合格率44.5%)日商簿記2級合格 受験回数 1回

?【受験動機】
1.簿記が転職に役立つと思ったから。
2.前職で、破産・管財事件の処理を扱ったときに、決算書の意味さえ理解するのも苦戦し、「さくっと理解できたらいいな〜」と思ったから。

?【勉強方法】
1.講義中に集中してすべてを理解するように心がけました。
講義を受けたその日に、トレーニングとテキストの復習。容易に理解できていた時は、予習していました。気分的に楽なためです。

2.平日4H以上。休日は6〜12H以上(←もっとしてたと思いますが、これからの方を考慮して、この位の時間にしておきます)。試験中に「もっと勉強しておけばよかった!」と後悔するのは嫌なのと、「落ちたのを人のせいにしたくなかった」からです。

3.模試前は、トレーニングで間違えたところ、難易度の高いものを中心に、復習して、模試に臨んでいました。

4.よく間違える箇所はマーカーや付箋をし、特殊仕訳は特に理解しにくかったので、自分なりにテキストから抜粋して、何度も見直しました。

5.2か月位前から、先生に勧められた過去問題集に取り掛かりました。


?【受験期間中の決意】
休日は、子供の面倒を両親が見ていてくれ、不合格は許されなかったので「絶対合格する〜!」と決意していました。
そんな訳で、友達からの新たな出会いの場(合コン)は断りました。

?【試験本番実況】
解答用紙を配布された時点で、「捻っている問題はない!イケる!」と思いました。
内容は、過去問で出題されていたものと似ていたので、あまり焦らず解けました。

ただ、いままで何度か試験をしていましたが、その時は一とおり全て解き終えてから、何度も見直す時間がありましたが、
「本番」ということもあり、今までより時間をかけて問題文を読み解答していたため、すべてを記入後に、再度見直す時間は30分くらいしかなく、「これで大丈夫」と思うしかありませんでした・・。

?【反省点】
試験中、4問目を「捨て問」としてしまい、意欲的に解いていたら完璧に解けていたかな〜と少し後悔。

?【これから受験される方へのアドバイス】
仕事をされながら勉強される方は非常に体力的、精神的に負担が大きいと思います。
固い決意で勉強に取り組まれ、「2級合格!」という資産を得ていただければと思います。


====================
中澤さん合格おめでとうございます。

成績がよく、きっと頭がいいのだろうと周囲の方がおもっていらっしゃいましたが、
その質問をしたところ、「自分はあたまが良くないから、必死にやっただけ。」とのお返事でした。

努力に関する格言はいくつかあります。
「努力に勝る天才なし」出典 不明
「明日からがんばるんじゃない。 今日をがんばり始めた者にのみ明日がくるんだよ」出典:賭博破壊録カイジ
「ボクシングにラッキーパンチはない。結果的に偶然当たったパンチにせよ、それは練習で何百何千と振った拳だ。 その拳は生きているのだ。」出典:はじめの一歩

中澤さんがかなりの高得点で合格できたのは偶然でもなんでもなく、日々の積み重ねだったのだと思います。私も刺激をうけました。
中澤さん貴重な体験記、ありがとうございました。住吉
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM