日商簿記検定出題区分表の改正について

  • 2011.03.04 Friday
  • 00:34
年度が代わり、次回6月検定から以下の新出題区分で出題されます。
新出題区分(PDF)


3級
償却債権取立益・貸倒引当金戻入の出題が1級の範囲になりました。
その他は特に変更ありません。
今年度のテキストは、次年度ももそのまま使えます。

2級
上述3級の内容に加え、商業簿記に若干の変更点があります
工業簿記は来年度も全く同じです

?保証債務について
保証債務が出題範囲に明記されました。
元々テキストに書いてあるので特に問題ありません。

?棚卸減耗費について
棚卸減耗費より、「棚卸減耗損」をメインに使います。原則的に使う名前が少し変わっただけです。棚卸減耗費も正解です。

?株式払込剰余金について
株式払込剰余金は、「資本準備金」をメインに使います。株式払込剰余金でも正解です。

?合併差益について
合併差益は、今度から「資本準準備金」or「その他資本剰余金」で表示します。これも名前の変更で、処理は実質同じです。

?商品評価損について
従来は低下法評価損でもよかったのですが、今度からは「商品評価損」のみです。

以上に注意していただければ、今年度のテキストは、次年度もそのまま使えます。


1級
上述2級の内容に加え、商業簿記にいくつか追加された範囲があります。
概要だけいうと
?包括利益の表示に関する会計基準
?会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準
?財務会計の概念フレームワーク
です。
対策資料は後日お渡しします。

工業簿記は、来年度も全く同じです。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM