3級次回準備2/22向け

  • 2010.02.18 Thursday
  • 23:19
100%完全合格フルコースの場合
下記を金・土・日・月の四日間で終わらせます。
たいした分量ではありませんし、ただの復習です。
3級はいまからでも間に合います。

第5回復習(必須)

仕訳
模試問題集仕訳問題p4〜p7まで。
第5回模試までの仕訳確認

決算修正仕訳
第一回模試から、第五回模試までの第五問、決算修正仕訳をすべて確認。

第6回準備
?仕訳 p4〜p11確認 いままでの模試の仕訳問題を確認
?買掛金元帳 テキストp107 例題10-7
?試算表-二重仕訳削除 第二回模擬試験
?再振替仕訳 演習問題12-23 テキストp165〜で翌期首の再振替を確認
?精算表-順進 10.の、「毎年同額を」がポイントです。期首に前期末の決算修正仕訳を、再振替仕訳しています。

第6回模試

第6回復習(必須)

第7回準備
?仕訳 特になし
?仕入帳・売上帳 演習問題10-12 10-14
?試算表 特になし
?伝票 第5回模試確認
?精算表 特になし

第7回模試

第7回復習(必須)

第8回準備
?仕訳 特になし
?分記法と三分法 演習問題12−3
?試算表 当座預金-当座借越勘定・当座勘定確認 テキストp66〜67
?引出金 演習問題9−13
?精算表 特になし

火曜日 第?回模試


最低限コース

多忙でお時間が取れない場合は、下記の目標を達成される事をお勧めします。

第五回までやってない模試があれば、個別問題と同様に解く、あるいは答えを見ながら覚えていく。

まず、仕訳の復習。
模試問題集仕訳問題p4〜p7までと、第5回までの仕訳確認。

次に、決算修正仕訳の復習。
第一回から、第五回までの第五問、決算修正仕訳をすべて確認。

第6回模試を個別問題と同様に解く。あるいは答えを見ながら覚えていく。

第7回模試を個別問題と同様に解く。あるいは答えを見ながら覚えていく。

第8回準備
?仕訳 特になし
?分記法と三分法 演習問題12−3
?試算表 当座預金-当座借越勘定・当座勘定確認 テキストp66〜67
?引出金 演習問題9−13
?精算表 特になし

火曜日 第?回模試

3級は(いままである程度以上努力されてきた事が前提ですが)、直前の追い込みだけでも、合格へ滑り込みセーフになる場合があります。

3級で逆転を狙う方法

  • 2010.02.17 Wednesday
  • 00:27
いままでサボりすぎたけれども、3級試験には合格したい。
しかし、もう時間が無い。
あと10日ちょっとで、一体何をすればよいのだろうか。

そんな方へのアドバイスです。

最優順位その? 第1問-仕訳
仕訳は徹底的にやります。
模試問題集p4〜p7までと、講義分にあわせて仕訳問題をすべてマスターします。
仕訳は20点と配点が高くあり、また、他の問題を解く上での基本です。
簿記は仕訳なり。仕訳なくして合格なし。仕訳が合格のための基本です。
また、仕訳問題は試験の最初に解きますので、ここが出来ないと先制パンチを喰らいます。逆に仕訳が出来ると、先制点を取ったようなもので、それから先は余裕を持って、スムーズに解答できるようになります。

仕訳は一度解いておき(ここがポイントです)、問題と解答をコピーして、隙間時間でチラ見します。(こういった資料は「作る」のが目的ではありませんのでご注意ください。)
解くというよりチラっとみて再確認します。
朝起きてチラっと。車の暖気運転中にチラッと・・といった具合です。隙間時間はたくさんあります。「そんな時間はない。」と言うのは逃げるための言い訳です。
仕訳はチラ見確認で合格点が取れます。

最優順位その? 第五問-精算表
精算表自体の記入フォームがわかれば、あとは決算修正仕訳をマスターするだけです。
もしまとまった時間がとりにくいなら、精算表の問題を、毎回すべて全部解かなくても大丈夫です。
その代わり、決算修正仕訳のみ、出来るようになるまで復習します。
精算表は決算修正仕訳ができるかどうかで決まります。しかも決算修正は、精算表以外の問題で出題される可能性もあります。決算修正仕訳は、第一問の仕訳問題同様、必須です。

優先順位その? 第3問-試算表
まともに全問全部解くと時間がかかりますので、解き方と、解答記入蘭を確認します。
合計試算表か残高試算表、月中取引高を入れるのか。そういったところを間違えると、
決定的なダメージになります。
どうやって解くのか、解答に何を記入するのか、そこを中心に覚えます。
第三問の仕訳は基本的な問題が多く、難しい仕訳も第一問の仕訳問題で対応できます。

以上が合格に必要な最低限の「土台」です。

優先順位その? 第2問・第4問-個別論点
あとは、第二問、第四問の個別論点をつぶしていきます。
なお、仕訳・精算表あたりがきちんと出来て、試算表がある程度出来ていれば、
第二問、第四問で、少しくらい穴があっても、何とかなります。
ただ、それが多いと不合格のリスクが高まります。
当然の話ですが、なるべく第二問・第四問を解いて、穴をなくしていきます

その他
いきなりぶっつけ本番では時間配分もわからず厳しいので、時間を計って模試も解きます。

?模試は事前に準備して、模試を受けます。実力が無い場合、2時間模試とにらめっこしても仕方がないからです。事前に準備をしておけば、模試の時間が楽くかつ有意義になります。
?模試をかならず復習してください。回数が少なくても、だいぶインプットされます。
?模試でやらなかった問題は個別問題集と同じ感覚でつぶしておきます。特に?仕訳、?・?の個別論点、?の試算表などの解答欄確認、?決算修正仕訳、このあたりを重視します。これなら時間はあまりかかりません。

以上は完璧な準備ではありません。これで合格を保証する事はできません。しかし、これでも合格の可能性はかなり高くなります。(完璧な準備をするなら、講義でお渡ししたフルコーススケジュールです。)

まだ遅くはありません。だいぶ遅れていても、諦めないでほしいです。
一番良くないのが、単に自分に負けただけなのに、できない理由をご自身以外に求め、試験から逃げる事です。そうやって逃げているとそれが癖になり、これから先も同じことを繰り返す可能性が高くなってしまいます

「今を闘えない者に、次や未来を語る資格は無い。 」ロベルト バッジオ(元サッカーイタリア代表)
諦めずに最後まで頑張った方のみが、未来を語る資格を手に入れます。

3級次回準備2月18日向け

  • 2010.02.17 Wednesday
  • 00:22
第五回
?仕訳 指定なし
?補助簿の種類 模試問題集p10問題5
?B/S・P/L 模試問題集p18 問題14
?伝票 基礎問題集 演習11−12
?精算表推定 模試問題集 p26 問題20

漠然と、ただ「頑張る」では長く続きません。
その日一日の、具体的な目標が必要です。
そこで、模試にあわせて準備をしておけば、効率的にインプットできます。
長い目標より、目の前の目標のための方が頑張りやすくなるものだからです。

その範囲で模試を解き、さらに復習をすれば、短期間に同じ内容を繰り返した事になり、記憶が定着しやすくなります。短期間に繰り返した内容は脳がよく覚えてくれます。
また、こうして事前に準備をしておけば、模試が楽しくなります。また、模試の時間のみならず、模試の前の時間まで有効に活用できます。

3級事前準備スケジュール2/16まで。

  • 2010.02.11 Thursday
  • 23:06
本日11日の講義で説明いたしました、直前スケジュールは下記の通りです。

模試の前にその範囲を限定して復習しておけば、復習する目的が短期かつ明確になりますので、効効果的に復習できます。

また、短期間に同じ内容を繰り返すため、記憶の効率も上がります。

さらに、全体を効率よく復習できます。漠然とただ「頑張る」だけでは長く続きません。
この時期になって、「よし、テキスト1pの最初から復習だ!」とかいうのはあまりお勧めできません。直前期は模試を利用して効率的にインプットしてしまいます。

模試は必ず復習します。
とくに出来なかったところ、あいまいなところを確認していきます。
模試は弱点補強に効果抜群です。
復習をしないともったいないです。

そうやって、?回分の模試が終わる頃、余裕で合格できる実力がついています。
(多分?回分くらいあたりから、かなりの点が取れるようになってきます。)

次回までのスケジュール(一例)
11(木) 第?回模試
12(金) 第?回準備
13(土) 第?回模試 第?回準備
14(日) 第?回模試
15(月) 第?回準備
16(火) 第?回模試

一日の勉強は、最低目標と最高目標を決めておきます。
最低目標は、このくらいはやらないとまずいという目標です。
最高目標は、こんなにできたらすごいじゃん俺(私)という目標です。

最低目標は必ず達成します。最低目標を達成したら、自分へのご褒美で自由です。何をしてもかまいません。もちろん自由に勉強してもかまいません。最低目標を毎日達成すれば、毎日開放されます。
こうしておかないと、「毎日夏休みの宿題をやらなければならないけど、結局何もしないで気分だけが参ってくる8月末の小中学生」の気分になります。
ただ、最高目標に達成したら、それ以上勉強してはいけません。やりすぎるとリズムを崩します。


準備内容

第?回
1仕訳
2手形記入帳 模試問題集p11 重要門問題8
3二重仕訳削除 テキストp125 11−3 演習問題p74 11−6
4伝票 テキストp140 例題11−9 テキストp138 例題11−8
5精算表 模試問題集p27 重要問題21 第?回模試第五問復習

第?回
1仕訳
2商品売買 演習問題p57 10-15
3試算表 第?回第三問の復習
4訂正仕訳(難問です。プリントで詳細を解説します。) 模試問題集p22・23 重要問題17 18
5精算表 模試問題集p26 重要問題20

第?回
1仕訳
2商品売買 模試問題集p13 重要問題12
3試算表 第?回模試第三問の復習
4商品売買 テキストp152 例題12−2
5PL BS 演習問題p108 14−3

勝負はこれからです。
これから先の直前期にどう過ごすかで合否が分かれます。

直前模試事前準備リスト3級

  • 2010.02.11 Thursday
  • 01:02
第一回模擬試験事前学習リスト

模試の2時間を有意義に過ごすためにも、事前の準備をお勧めします。


?仕訳 
模擬試験問題集p4〜p7復習

解答したものをコピーして、適度に切り取り、折りたたんでポケットに入れておきます。
隙間の時間で使います。
一度解きちんといておいて、チラッとみるだけでも思い出すようにしておきます。
細切れの時間で、頻繁に仕訳の確認ができるようにするために使います。
仕訳は簿記の基本です。3級では、仕訳がかなりできるようになると、安定して合格ラインが出せるようになります。

?小口現金出納帳
模擬試験問題集p13 問題11

?試算表
模擬試験問題集p16 問題13

?当座勘定
模擬試験問題集p10 問題6

?精算表(順進)模擬試験問題集p27 問題21

先に問題範囲をインプットしておきます。

その内容の別問題で模擬試験をします。

模擬試験の内容を復習します。

それを8回繰り返せば、範囲指定なしの過去問でも、合格ラインを余裕で超えるようになります。

3級はちょっとくらい遅れていても、いまからでも十分間に合います。
漠然と「頑張る。」とか言っても、挫折するのがオチです。
模試の分だけ順次きちんとインプットしていけばOKです。

模擬試験を復習し、次回の模試へ向けた準備がすんだら、あとは自由な時間です。
ご自身へのご褒美として、自由に過ごすことをお勧めいたします。

達成感から、毎日やる気と勇気と元気が湧いてきます。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM